キャバ嬢は夜の蝶

キャバ嬢は夜の蝶ともいわれています。やはり夜の水商売は華やかな仕事になります。この華やかな派手な感じが夜の蝶といわれるようになったのではと感じます。
このキャバ嬢になるには、まず18歳以上が条件になってきます。もちろん高校生は不可です。法律で禁止されている紛れもない事実です。夜の蝶になりたいと考えている人は、ちゃんと高校を卒業してからなるようにしてください。このキャバ嬢も、現在の子供のなりたい職業の上位に入っているのです。
人生経験としては、絶対に得をすることが多いのではないでしょうか。
色々な職種の男性とも知り合うわけですし、知らないようなことも知れるという何かしらの役に立つことが多いのではとも思えます。

このキャバ嬢もほとんどの人が一つのお店で働いています。掛け持ちで違い店舗で働くのは時間的にも厳しいからです。そもそも違う店舗と掛け持ちしてるような女の子もお店側から歓迎はされないものです。東京では新宿歌舞伎町、渋谷、六本木、銀座、西麻布、池袋といった主要地域にはたくさんのキャバクラ店が存在します。
この主要地域以外でも23区内ならどこの駅にも一つはキャバクラがあるようにも感じます。家の近所で働きたい、やはり繁華街で派手に働きたいという風に、場所もその女の子で理由は変わってきます。
どこのキャバクラで働いても夜の蝶には変わりありません。水商売という人生経験をしっかり積んで、また新たな世界に羽ばたいていく夜の蝶になることが、人生を謳歌できるというものなのかもしれません。

Copyright © 2014 夜の蝶 All Rights Reserved.